アライブとレイニー

アライブトレイニー
FOLLOW
3.92
ビジュアル
3.60
面白さ
4.00
楽曲
4.20
ダンス
4.20
ヲタク
3.60
2020年06月19日

楽曲とダンスが飛び抜けて独創的。アートワークも良い。
2020年飛躍するであろうグループだと思われる。
ヴィジュアルは飛び抜けて華がある子は居ないが偏差値は高い。
パフォーマンスを見て欲しいグループ。

2020年05月08日

曲と世界観が独特て見るたびに良さが再確認できる。
粗削りではあるが自分たちの世界を持ったグループ。

2019年06月26日

人気を1人で牽引するようなスターや強いカリスマ性を放つリーダーはいませんが、メンバー全員がアイドルの全体平均以上のビジュアルを持っているため、動員数はバランスが取れています。
その20を超える楽曲とダンスによって体現される劇場的な世界観は、サウンドディレクションや作詞のみならず、CDジャケットから衣装のデザインに至るまでほぼ全てのクリエイティブがプロデューサー(ATM氏)の手によって作られています。ヲタクは勢いと優しさ・常識を備え、MIXも整備されているため楽しい雰囲気の現場が作られているのが特徴です。

2019年06月26日

人気を1人で牽引するようなスターや強いカリスマ性を放つリーダーはいませんが、メンバー全員がアイドルの全体平均以上のビジュアルを持っているため、動員数はバランスが取れています。
その20を超える楽曲とダンスによって体現される劇場的な世界観は、サウンドディレクションや作詞のみならず、CDジャケットから衣装のデザインに至るまでほぼ全てのクリエイティブがプロデューサー(ATM氏)の手によって作られています。ヲタクは勢いと優しさ・常識を備え、MIXも整備されているため楽しい雰囲気の現場が作られているのが特徴です。

2019年06月26日

人気を1人で牽引するようなスターや強いカリスマ性を放つリーダーはいませんが、メンバー全員がアイドルの全体平均以上のビジュアルを持っているため、動員数はバランスが取れています。
その20を超える楽曲とダンスによって体現される劇場的な世界観は、サウンドディレクションや作詞のみならず、CDジャケットから衣装のデザインに至るまでほぼ全てのクリエイティブがプロデューサー(ATM氏)の手によって作られています。ヲタクは勢いと優しさ・常識を備え、MIXも整備されているため楽しい雰囲気の現場が作られているのが特徴です。

※ 各種情報や写真・口コミはファンの方々が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。